本文へスキップ

ゼネラルテクニカルサービス株式会社は、非破壊検査・シーリング・防食技術で各種プラントの保全支援を行っている会社です。

TEL. (097)594-8116

〒870-0113 大分県大分市家島989-1

非破壊検査事業内容


 各種プラントや火力・水力・原子力発電所において、非破壊検査及び支援業務を
行っています。
多くの経験をもつ技術員ばかりであり、通常の一般保守検査から水力発電所に於ける
余寿命診断、金属組織検査(S.U.M.P)などの専門的な検査の経験も持っています。

 また、協力企業含めて総勢100名を超えており、中にはプラントや原子力発電所での
作業経験者、非破壊検査(MT,PT,RT,ET)の作業補助経験者も多数おり、支援業務にも
迅速な対応が可能です。


●非破壊試験技術者資格
磁粉探傷試験 レベル2 36名
浸透探傷試験 レベル2 35名
レベル3 2名
超音波厚さ測定 レベル1 8名
超音波探傷試験 レベル2 21名
レベル3 1名
放射線透過試験 レベル2 11名
レベル3 1名
過流探傷試験 レベル2 4名
漏れ試験 レベル2 1名
●その他関係資格
エックス線作業主任者 11名
ガンマ線透過写真撮影作業主任者 8名
放射線取扱主任者2種 1名
酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者 27名
職長安全衛生責任者 17名
有機溶剤作業主任者 14名
高所作業車 3名
ゴンドラ特別講習終了
足場作業主任者
低・高圧電気工事士
甲種防火管理者



各種非破壊検査内容




 <概 要>
磁粉探傷試験(MT)は、表面及び表面近傍のきずを検出する方法で、強磁性体にのみ
適用可能です。
原理
 磁束が強磁性体の試験体中を流れる場合、試験体の表面及び表面近傍に磁束を
さえぎるようなきずが存在すると、その近くでは磁束の一部が空間に漏洩し、きず部に
小さい磁石を形成します。この様な所に磁粉を適用すると、磁粉は磁化されて
小さい磁石となり、互いにつながってきず部に凝集・吸着します。
 この様にして拡大された磁粉模様を観察します。





































磁粉探傷試験 磁粉模様写真





<概 要>
 浸透探傷試験(PT)は、表面に開口しているきずを検出する方法で、浸透液を
吸収してしまう様な多孔質の材料でなければ金属以外にも適用可能です。

原理
 検査物の表面に色のついた浸透液を塗り、きずの内部まで浸透させます。
その後、傷内部に浸透していない表面の余分な浸透液のみを除去し、
白色微粉末を塗布すると、毛管現象によりきず内部の浸透液が吸い出されます。
 この様にして拡大された指示模様を観察します。

浸透処理

除去処理

現像処理

 

観 察






<概 要>
 
超音波探傷試験(UT)は、試験体内部のきずを検出する方法で、主に金属材料に
適用されます。

原理
 超音波には指向性があるため、試験体内部をビーム状に伝搬し、その途中できずや
底面などの反射源に当たると戻ってきます。
この際にかかった時間と、超音波の音速から、きずの深さや試験体の膜厚を
測定することができます。


                       
                                           
超音波探傷試験状況写真






<概 要>
 放射線透過試験(RT)試験対内部のきずを検出する方法で、金属材料、非金属材料共に
適用可能です。

原理
 放射線には物質を透過する性質があり、その程度は物質の種類と厚さによって決まります。
その為、試験体中にキズがあるとその部分で放射線の透過量が変化するので、その変化は
X線フィルムなどの検出器を用いて観察します。



溶け込み不良のX線写真

溶け込み不良断面写真

copyright©20XX General Technical Service all rights reserved.

サブナビゲーション