本文へスキップ

ゼネラルテクニカルサービス株式会社は、非破壊検査・シーリング・防食技術で各種プラントの保全支援を行っている会社です。

TEL. (097)594-8116

〒870-0113 大分県大分市家島989-1

Kure Seal
リーク シーリングシステム


販売元
日本クレシール株式会社



●事業内容

プラントなどの計画停止工事の実施間隔が長くなり、連続運転が
多くなっている今日、運転を止めずにリーク部をシールできる
このクレシールは今後、多くの需要が見込まれるものと思われます。

 当社は、このクレシール及び注入器具の九州・四国・中国地方の
販売・工事を行っています。



●クレシールとは?

クレシールとは、特殊な半可塑性の合成品でリーク部のシール材です。
液体の熱や外部から与えられた 熱で一旦、軟化させリーク部に注入し、
注入後は時間の経過とともに硬化し、リークを防ぐものです。

 火力・原子力発電所や各種プラントの生産ラインには多数のパイプライン
がはりめぐらされており、その保守や安全には万全の対策が講じられて
いますが、配管の継手やバルブ部分に欠陥が生じ、蒸気や 液体、気体
が漏れる場合があります。

 これらのリークに対処するには生産ラインを停止して対策をとる必要が
ありますが、経済性・操業率からも得策ではありません。

 クレシールによるリークシーリングシステムは、パイプラインの運転
供給を止めず、液体がながれた状態でシールすることができます








クレシール充填の施工要領

1
現 場 調 査
漏洩の箇所及び漏洩の状態確認。
液体の種類、温度、圧力は?
フランジ、直管、バルブ等の
漏洩箇所の測定。
配管の場所、周囲の状況確認。


写真クリック 拡大

2-1
クランプの製作
液体の圧力を考え、クランプの強度計算をし、
クランプの大きさ、形状に応じ、注入口の数
と位置を決めます。
2-2 クランプなしの施工
バルブ フランジ
バルブのスタフィングボックス
(グランドパッキン部)
へ向けて外側から穴をあけて
パッキン欠陥部に直接注入
する。
クランプを作る時間的余裕が
ない場合、銅のワイヤーを
隙間にたたきこみ、フランジ端面
をかしめて、ワイヤーの飛び出しを
防ぎ、フランジ側面に穴を開けて
注入する。
3 パッキンの製作
クランプの被補修体との隙間を埋るパッキンの形状を工夫します。
4 注入器具、補助具、補材、クランプ、作業工具の現場持込
5 クランプ取付部分の清掃
6 クランプの取付け


写真クリック 拡大
7 安全バルブの取付
漏洩箇所に一番近い注入口(最終注入口)に安全バルブを取り付けます。
8 注入ガンの取付
注入ガン取付後、熱伝導で注入ガンがあたたまるまで注入開始を待ちます。
9 クレシールの予熱
沸騰した湯の中や電気オーブン(70℃位)の中に3分程度入れます。
長く湯の中に入れておきますと硬くなって注入出来なくなります。
注入口付近の温度が150℃以上ある時は予熱は不要です。
10 クレシールの注入作業

写真クリック 拡大
注入開始

注入の順序は漏洩箇所の正反対の注入口から漏洩箇所に向けて
順次、注入していかなければなりません。
予定量注入

クランプ内の空間部や配管の隙間の容積を算出して注入量を決め、
最終の注入口以外の注入口の数に振り分けます。
(計算量の3割増を準備します。)
注入ガン取外し
閉止ボルト取付

充填材の逆流を防ぐため、注入口に閉止ボルトをしっかり取付ます。
11 安全バルブのコック閉
12 安全バルブに閉止ボルト
安全バルブは原則としてクランプにとりつけたままとします。
追加充填の時は閉止ボルトを外し、注入ガンをセットし、注入圧で
押した状態でコックを開きます
13 注入ガンの取外し
充 填 作 業 完 了
クランプの締付ボルト、フランジの
ボルト、閉止ボルトをしっかりと
増し締めします。


写真クリック 拡大



シーリングの原理

内部の状態
注入作業 備 考
1 洩れている時 パッキンの一部に亀裂
が生じ、そこから洩れて
います。
2 クランプを取付け、洩れ箇所
の反対側から注入します。
注入圧:kgf/cu
300〜400
この過程は洩れを大気
中に開放しているので
フランジにも
クランプにも
圧力はかかりません。
3 場所を変えて
順次注入します。
注入範囲が拡がります。
しかし、内部に
エア溜りが残っています。
エア溜りがあると後日
洩れをひきおこします
4 洩れは最終の注入口
のみとなります。
この段階で洩れが
止った場合、注入を
やめ、充填作業は
完了となります。
洩れの流路かぎ制限され
るので、次第に洩れの
圧力があがってきます。
5 (仕上げ段階) (最終の注入口に注入ガ
ンをセットした時、洩れの
逃げ場がなくなるので、
初めて本体の内圧まで圧
力があがります。
この圧力に抗してクレシー
ルを押し込むことにより洩
れ止めは完成します。)



各種クランプ参考図



このページの先頭へ

copyright©20XX General Technical Service all rights reserved.

サブナビゲーション